デジタルなまず関東正規特約店 株式会社アイエヌジー

株式会社アイエヌジー

デジタルなまず 販売

製品紹介


デジタルなまずQ&A


「緊急地震速報」の受信装置であるデジタルなまずに対するご質問へお答えします。

固定IPアドレスによる社内LANでも利用出来ますか?

固定IPによる利用及び社内LANによる利用も可能です。
基本的には、社内LANとは別の回線を使用し、自動IPアドレスの取得による接続をお勧めしています。
(セキュリティ及び配信スピードの観点から)
ただ、社内LANでご利用になりたい場合には、弊社で「デジタルなまず」に固定IPなどを割りあてる作業を 行うため、別途有償の費用がかかります。

「デジタルなまず」と「テレビ・ラジオの緊急地震速報」は、どのように違うのですか?

2007年10月1日よりテレビ及びラジオで緊急地震速報が放送されることになりました。以下、「デジタルなまず」と「テレビ・ラジオ報道」との違いをまとめてみました。

「テレビ・ラジオ報道」の場合
予想される揺れが震度が5弱以上となる場合だけ報道します。
各地の予想震度・猶予時間は報道されません。
比較的大きな区域、例えば 「愛知県・岐阜県全域で強い揺れが予想されます。」 と報道されます。
テレビを24時間ONにし、聞こえる場所にいなければ警報を聞けません。

「デジタルなまず」の場合
設置場所が、何秒後に、どのぐらいの震度で揺れるかを教えてくれます。 (約500m単位で警報)
震度1~震度7の範囲で、ユーザーが任意に警報を出す震度を設定出来ます。
24時間、緊急地震速報を受信していますので、いつでも警報を出せますし、子機の使用により離れた
場所でも警報を聞くことが出来ます。  又、外部出力を利用すれば、館内放送などへの連動はもちろ
んのこと、真夜中の暗い場所でも、地震が来る前に、部屋の照明を自動で点灯することが出来ます。

全ての地震が事前に来ることが分かるのですか?

気象庁による緊急地震速報は、震源地から先に到達するP波を気象庁等の観測点で感知し、大きな揺れを伴うS波の到達時間を計算し地震情報を伝達する地震警報システムです。
したがって、震源地が近い時などは、P波とS波の到達時間の差が少ないので、事前にお知らせ出来な
い場合もあります。
ただ、「P波センサー」と「デジタルなまず」を併用することにより、直下型地震への対応も可能となります。

津波が来るのも事前に分かるのですか?

気象庁による緊急地震速報は、発生した地震の震度、到達時間を予測するものであり、津波の発生を検知してお知らせするものではありません。
(津波というのは、地震が発生しても必ず起こるわけではありません。)
ただ、「デジタルなまず」は地震発生後に実際の震源地が表示されますので、もし海が震源地であれば、津波の心配が予測されますので、十分にご注意下さい。

どのぐらい前に地震が来ることを教えてくれるのですか?

デジタルなまず」の設置場所から震源までの距離がその到達時間を左右します。
設置場所から、震源が離れていれば猶予時間が長く、震源までの距離が近ければ猶予時間はあまりありません。震源が離れているほど、猶予時間が多くなりますので、直下型の地震では、猶予時間が極端に短くなることもあります。
ただし、大きな災害をもたらす地震の多くは、海溝型地震(海)で発生していますので、今後大きな期待がよせられています。

デジタルなまずの予想震度と実際の震度は同じですか?

震源までの距離が100Km以上ある場合、その深さが100Kmを超える場合、マグニチュードが大きい地震の場合には予想震度と実際の震度が異なる場合があります。
又、観測地点や地盤などによりその予想震度にも誤差は発生します。
ただ、今までの気象庁・その他諸機関の実証実験では的中のケースが多く、誤差が出る場合でも十分に実用化に耐えるレベルであることが実証されました。

どのような場所にも導入出来ますか?

2007年10月1日より、全ての方、法人、個人など、制限なく「デジタルなまず」を購入し、緊急地震速報の
受信が出来るようになりました。
ただ、「デジタルなまず」を十分に活用、地震防災に活かすためには、緊急地震速報の特質を十分に理解しうえで、利用することが大変重要です。

子機のワイヤレスは、どのぐらいの範囲まで届きますか?

見通しの良い場所であれば、かなりの距離まで届きますが、設置する場所の環境に大きく左右されますので、必ず動作確認をしたうえで設置して下さい。
通信はデジタルFMを使用しますので特殊構造の建物を除き数箇所の設置も可能です。
(ご家庭でお使いのコードレス電話をご想像していただければと思います。)

デジタルなまずの購入



デジタルなまず特約店